ロンギングハウスで成長したあなたの将来のイメージ

最初は無理して夢を語れなくてもいいんです。将来自分がどうなっていたいかを明確に描けていなくても大丈夫です。
ロンギングハウスでは、入社後、接客、フロント、レストラン、エステなどホテル業務における全てのことにまずは、チャレンジしてみます。
新人にはマニュアルが用意されているので、1週間目でここまで覚えてできるようになる、2週目でここまで・・・と非常に明確です!そして、そのマニュアルは毎年、新人が2年目になるときに見直しをかけているものなので、より新人さんに覚えやすくわかりやすくなっているのです!
このように去年まで自分と同じように覚えていった先輩と一緒にいろいろな業務に携わって一年を過ごしていくと、ほとんどの方が適正を見つけ、自ずと来年の目標、将来の「なりたい自分」が見えてきているものです。

持ち回りでいろいろなポジションを習得できるから、オールラウンダーであるマネージャーを目指すか、1つの業務を極めていく、その道のプロフェッショナルになるかは、あたな次第です。適正とあなたの希望で、早くて2年目から、あなたの進みたい道にシフトしていきます。

先輩たちの声


入社の決め手
幼少期を過ごした軽井沢で接客の仕事がしたいと思っていてロンギングハウスに就職を決めました。選考過程の職場体験に参加したときに、先輩方がやさしかったのとスタッフ皆さんが楽しそうに仕事していらっしゃるのが印象的でした。
一年目を終えて・・・

1年目は厨房の仕込みなどを中心にとにかく忙しく働きました。ロンギングハウスでは1つの持ち場を担当するのではなく、いろんな持ち場を担当するので、本当に覚えることも多く、夏の忙しい時期などは辞めたいと思ったことも何度かありました。でもその繁忙期を終えて振り返ってみると、あの時期みんなで一緒に乗り切ろう、お客様に喜んでいただこうとスタッフが一丸となって必至に仕事をしていたことが何ともいえない達成感で感動していた自分に気づき、あの達成感をもう一度体験してみたいと思うまでになりました。またロンギングハウスの仕事は、一つ一つ細かいチェックリストで覚えられるようになっているので、1年間でこんなにいろいろなことができるようになった!と自分の成長も客観的に見ることができ、それも単純に嬉しかったです。

ロンギングハウスのいいところ
入社前から「エステに興味がある」ということをアピールしていたら、2年目にエステの研修を受けることができました。今はレストランのサービスが仕事の中心ですが、エステの予約が入ったらエステも担当できるようになりました。このように積極的にアピールしているとそれに応えてくれる雰囲気がありますし、普通のホテルのように、フロントだけ、レストランだけと1つの仕事をずっとする訳ではないので、自分のやりたいことや得意なことなどが仕事を通して見つけやすいと思いました。
今の目標
レストランに来てくれるお客様と仲良くなれるようにしたいです。名前を覚えて頂いたり、自分に会いにきてくれるような心に残るサービスが提供できるようになりたいです。また学生のときはとくに夢とかもなかったですが、今は漠然とですが、自分でカフェを開いてみたいなと思っています。

入社の決め手
学生時代のアルバイトの経験などから接客業が好きで接客業を中心に就職活動をしていました。その中でもロンギングハウスに決めたのは、選考過程の中で行われた職場体験での出来事が大きかったです。職場体験でまず感じたことは、スタッフのみんなの仲の良さと団結力でした。また、自分と1学年くらいしか変わらないような先輩がお客様ときちんと接していらっしゃる姿が非常にかっこよく、漠然とですが、自分もこういう風になりたいなと思いました。
一年目を終えて・・・

一年目はチェックイン業務からレストランのサービス、チェックアウト業務などご宿泊のお客様と同じような動きをして一通りの仕事をしました。一つの持ち場だけをやればいいという訳ではなかったので、覚えることも非常に多く大変でした。ですが、チェックインで対応させていただいたお客様をレストランでもお迎えすると、「あ、また・・・」という感じで顔も覚えていただけますし、こちらもお客様のことをより知った上でサービスでき、その点が他のホテルとは違っていいところだと思います。

1年目の夏は、初めての繁忙期、連日の満室で本当に目が回るほど忙しかったです。正直、失敗もたくさんしました。でも、ロンギングハウスでよかったなと思うことは、失敗をしたときもただ責められることはなく、失敗のリカバリーを周りが一緒に考えてくれますし、同じ失敗をしないためにどうすればいいかなどもミーティングで話し合い、解決することができました。何とか1年間やり遂げることができたのは、このようなスタッフの前向きで明るく、助けあう雰囲気があったからだと思います 。
ロンギングハウスのいいところ

先述しましたが、やはり何よりも明るく前向きでチームワークがいいところと、一人で悩むのではなくミーティングで解決していこうという雰囲気です。また参加意識を持てば、先輩も会社も応えてくれる環境に感謝しています。

今の目標

2年目からはPOPやチラシなどの販促物の制作にも関わるようになりました。もともと雑貨などが好きで、館内のお土産ショップのPOPなども担当するようになったら、もっとショップの仕事をやってみたいという意欲が湧いてきました。そんなときショップをリニューアルするという話があり、その担当に立候補してなりました。今は、そのショップリニューアルを成功させるということが目下の目標です。


入社の決め手
お客様と近いところで接客をしたいと思っていたので、部屋数の少ないリゾートホテルへの就職を希望しており、ロンギングハウスと出会いました。中でもロンギングハウスに決めた理由は、普通のホテルとは違い、部署が固定されずホテル業務の全ての仕事に関わることができるという点でした。また説明会や職場体験で「自分がやりたいと思ったらやらせてくれる」雰囲気を感じたのも、入社の決め手になりました。
一年目を終えて・・・

選考の段階からエステに興味があることをアピールしていました。すると入社後すぐはフロント業務でしたが、忙しいゴールデンウィークを過ぎた頃からエステ研修に参加することができ、6月中旬くらいからはエステでデビューすることもできました!こんなにも希望通りに進めたので、少し戸惑うくらいでした(笑)夏の繁忙期は、本当に忙しく辞めたいと思ったこともありましたが、ロンギングハウスが好きだし、スタッフ同士の仲もよく、とにかくロンギングハウスで働くことが楽しいです!!
たまに学生時代の友人と会うと、そんな職場は本当に珍しいのかも、自分は仲間と環境に恵まれているなと感じます。
2年目の7月には、リーダーに立候補し、昇格しました。仕事の幅を広げたいと思い立候補したのですが、実際に昇格したという事実より、昇格試験に向けて先輩、後輩と今まで1年間にやってきたことを振り返りそれをまとめプレゼンするということをやったのですが、そのこと自体がいい経験になり、自信にもつながり、立候補してよかったなと思っています。またそれを手伝ってくれた仲間にも感謝しています。

今の目標
フロントのプロになって、30代になってもバリバリ働く女性でいたいと思っています。また、入社前から憧れていた総支配人の越さんに近づくのも当面の目標です。

ロンギングハウスでは基本的に「立候補制」にしています。
例えば、昇格試験時期には全てのメンバーに対し、立候補できるチャンスがあり、自分が昇格したいという意欲があれば立候補します。
昇格の協議に関してもユニークでマネージャーレベルだけではなく、メンバー全員に立候補者に対してno評価を投稿できるチャンスがあります。

これもスタッフの意見から実現された制度。通常サービス業ではシフト制によるところが多く、そのシフトも1ヶ月前にならないと出てこないということも普通ではないでしょうか。ロンギングハウスも以前まではそうでした。
ですが、シフト制だとプライベートの予定が立てづらくせっかくの休みもリフレッシュにならない!という多くのスタッフの意見があり、協議の結果このような固定曜日での週休2日制をとっています。
※固定曜日は、3ヶ月程度に1度変わります。

あなたのエントリーをお待ちしています


研修制度充実の入社から後輩ができるまでの1年間

チェックリストにそって習得するから安心。振り返りと新たな目標設定を細かく先輩と一緒に行うから成長できる!!

卒業式

引越し

会社研修

新人と先輩の混合チームでワークショップを行います。
ワークショップの内容は毎年異なりますが、必ずやっていることは、会社の価値観や行動規範を簡潔に表現した「お約束事集」などを 全員で共有します。

入社&研修開始

まずは、1つのオペレーションを習得する研修が始まります。 3週間毎に立てられているチェック項目を1つずつクリアしていく形で、仕事(オペレーション)を覚えていきます。1つのオペレーション毎に迷う ことがないよう細かくマニュアルとチェック項目が設けられているため、1つずつ確実にオペレーションを覚えていくことが可能です!

目標は、最初に覚えたオペレーションでゴールデンウィークデビューする!!

4月からの3週間で習得したオペレーションで最初の繁忙期であるゴールデンウィークには独り立ちします。 わずか1ヶ月足らずで?と不安に思う方もいるかと思いますが、安心してください。 いつのオペレーションの中でも1つ1つの作業が細分化されており、それを1つずつチェックして、迷うことが少なく覚えていけます。毎年ほとん どの方が満点でデビューしていきますので、一生懸命さがあれば大丈夫です。

目標は、最初に覚えたオペレーションでゴールデンウィークデビューする!!

ゴールデンウィークで大きく成長したあなたは、振り返りを先輩と一緒に行い、7月中旬頃からの超繁忙期に向けて、新たな目標設定を行います。

それにそって、日々精進!

超繁忙期の夏を乗り切る!

ほぼ前日満室状態のホテルを全員で切り盛りしていきます。
もちろん、日々の振り返り、明日の目標。一日一日成長していきます。
11月に入ると自分でも驚くほどいろいろなことができるようになっています。

「来年のゴールデンウィークにはどうなっていたいか」 それが次の目標

繁忙期を乗り切り、仕事も覚えてくると「次はこんなことしてみたい」
「ここの仕事をしてみたい」など自ずと見えてくることも多いはず。
その思いを先輩と話し合い、具体的な次の目標を決めます。

マニュアルの見直し

自分たちが8ヶ月ほどやってきた仕事の総振り返りとして、マニュアルの見直しを行います。
最初はマニュアルどおりにやっていたけど、「こっちの方が無駄がない。」
「こうやった方が簡単だった。」「ミスが減った」などの経験をもとに意見を出し合い、
マニュアルを修正します。実際によくよくマニュアルをつかった新人だからこそ気づける点も多いのです。
ロンギングハウスのマニュアルは常に進化し続けて、よりよいもので来年の新入社員を迎えられるのです。

先輩として全社員研修に参加する

新卒採用への想い

なにもなく、誰もいない場所に、ホテルができたら…? そこには自然と働く人が集まり、お客様が訪れるようになります。ゼロの出発点からいろいろなものが生まれる、これこそがホテル業の面白さだと思います。
「軽井沢」という場所も、外から集まってきた人たちで栄えた町。ここから何が発信できるのか? そんな想いで、地元の食材や自然を活かしたサービスを展開しています。

当社は、社員19名の小さな会社。大きな組織の中で、限られたを限られた責任でする、という働き方とは180度違います。私たちが大切にしていることは、言葉遣いや身のこなし方を画一的に整えるよりも、「来てくれた方に喜んでいただけるおもてなしとは何か」を自分で考え、実行すること。お客さまが違えば会話の仕方も違っていいと、私は思うのです。滞在型のリゾートホテルを選ぶお客さまは、リラックスできる環境を求めています。マナーにとらわれすぎず、ビジネスライクになりすぎず、私たちなりの一生懸命さでお迎えしたいのです。

新人にはマニュアルが用意されており、入社1週間目、2週間目と、覚えるべきことは非常に明確です。
自分のペースでは間に合わないと思ったら、周囲の先輩にどんどん質問すればいいのです。一人のスタッフがすべてをこなすロンギングハウスには、それぞれに得意分野を持った先輩がたくさんいますから。そうして一年を過ごしたら、あなたも何かの得意分野を持った先輩になっているはずです。マニュアルはスタッフ全員の意見を入れて、毎年より良い内容に改定されていきます。

学生時代には、自分が何をやりたいかなど分からないものです。しかし一人が多くの業務をこなすロンギングハウスでは、多くのスタッフがやがて自分の適性を見つけていきます。ですから「今は自分のやりたいことが分からないけれど、仕事を通じて何かを見つけたい」という人は大歓迎です。私たちの仕事の目的は、お客さまに喜んでいただくこと。その目的のためには、接客、フロント、レストラン、エステ、すべての業務が必要です。最初からエステだけ、接客だけを目指したい人には、最初からそれを極められる他業種があることでしょう。

最初からやりたいことを持っている必要なんてありません。まずは1年、いろいろなことに挑戦してください。そして私たちと一緒に、<未来の夢>を見つけていきましょう。

募集要項

初任給 (2013年4月実績)200,000円(諸手当を含む)
昇給 当社規定による
賞与 業績・評価による
休日休暇 月4~8回、秋・冬に長期休暇(計10日間)
福利厚生 各種社会保険(社会保険/厚生年金/雇用保険/労災保険) 個室寮(個人負担10,000円有)・社員研修旅行(個人負担有)
勤務地 軽井沢ホテル ロンギングハウス(長野県北佐久郡軽井沢町)
勤務時間 7:00~23:00(シフト制・実働平均8時間)・残業有
教育制度 ほぼ毎月、社内研修(セミナー)あり  テーマ(内容)は、マーケティング・業務改善・心理学系など様々
募集職種 ホテルマネジメント職(総合職)
募集人数 5~10名程
募集学科 全学部全学科
提出書類 履歴書(写真貼付)
選考方法 面接だけではわからないと考えていますので、『1泊2日の職場体験』などの体験型の選考を採用しています。
あなたのエントリーをお待ちしています
Copyright © Karuizawa Hotel Longinghouse at Shinshu-Nagano in Japan. All Rights Reserved.